スムーズな生活を

|陣痛促進剤として使われるオキシトシン注射液は慎重に投与する必要があります。

☆幸せホルモン☆

オキシトシン注射液とは


sponsored link

オキシトシン注射液は、主に出産の際に陣痛促進剤として使用される医療品です。


オキシトシン注射液は原則として点滴静注法により用いられます。


オキシトシンには子宮収縮を誘発・促進する効果があり、オキシトシン注射液は分娩誘発や微弱陣痛時に使用されるほか、子宮出血治療の目的で弛緩出血、胎盤娩出前後、子宮復古不全、帝王切開術、流産、人工妊娠中絶にも用いられます。


この場合は点滴静注法以外に筋注法も状態によって用いられ、帝王切開術の場合はオキシトシン注射液を子宮筋層内へ直接投与する子宮筋注法がとられることもあります。


オキシトシン注射液による副作用はありますが、個人差が大きいため医師が患者の観察を十分に行い、チアノーゼや虚脱等の異常が認められた場合はオキシトシン注射液の投与を中止し適切な処置を行う必要があります。


オキシトシン注射液を陣痛促進剤の目的で使用する場合は、過強陣痛や強直性子宮収縮により、胎児仮死や子宮破裂、頚管裂傷、羊水塞栓等が起こることがあります。


母体が危篤になる症例も報告されており、オキシトシン注射液は母体や胎児の状態を十分に観察し、分娩時も監視を行い慎重に投与しなければなりません。


そのため自治体や病院によっては事前にオキシトシンチャレンジテストを行い、母体と胎児がどれだけオキシトシンによる陣痛のストレスに耐えれるかチェックを行っています。

[スポンサードリンク]