スムーズな生活を

|出産を安全に行うためにオキシトシンチャレンジテストは行われます。

☆幸せホルモン☆

オキシトシンチャレンジテスト


sponsored link

オキシトシンチャレンジテストとは、”胎児”が、陣痛のストレスにが耐えられるのかどうかを調べる陣痛負荷テストです。


子宮の中で赤ちゃんが動いたときや子宮収縮が起こったときの胎児の心拍数の変化を観察し、心拍数の増加があれば赤ちゃんは元気であると判断します。


これをノンストレステストといいます。


逆に心拍数の変化が弱いor無い場合は要注意としてオキシトシンチャレンジテストを行います。


オキシトシンチャレンジテストでは、オキシトシンを微量、点滴静脈注射し、人為的に軽いストレスを胎児に与えます。


その際、胎児の心拍数が下がるなど、胎児が本番の出産に耐えられないなら、安全策として帝王切開を行います。


オキシトシンチャレンジテストに合格したなら普通に経腟分娩を行います。


まずは赤ちゃんの脳や自律神経系が発達し、ノンストレステストでの反応を見てからオキシトシンチャレンジテストをします。


元々オキシトシンチャレンジテストは過期妊娠などで陣痛を誘発する際にも用いられていました。


人工的に陣痛を誘発し胎児が耐えられるならそのまま陣痛誘発を続け、耐えられなさそうであれば帝王切開に切り替えるためです。


しかし今では産婦人科学が進み、まずはオキシトシンチャレンジテストを受けて、緊急時にオキシトシン製剤を使って陣痛を誘発できるかを調べる目的でも使われます。


安全に出産を行うために自治体や病院で行う決まりがある処もあります。

[スポンサードリンク]