スムーズな生活を

|幸せホルモンのオキシトシンはどのようにして分泌して働くのでしょうか

☆幸せホルモン☆

オキシトシンとは


sponsored link

オキシトシンとは、脳の下垂体から分泌されるホルモンの一種で、生物有機化学的には9個のアミノ酸から出来ているペプチドホルモンです。


オキシトシンは、出産の時に子宮筋を収縮させ分娩を促したり、授乳時に乳汁を出しやすくするための分泌促進作用ホルモンとして知られています。


今では研究が進み、親が子供を抱いたり触れることで、親と子供双方からオキシトシンが分泌されることがわかっています。


オキシトシンが分泌されると安心感や信頼感が生まれ、親子の間に強い絆ができます。


母親に抱っこされたり触れられる機会が多い、愛情を受けた子供のオキシトシン量は高く、母親から愛情を受けずに育ったこともは逆に低いというデータもあります。


このようにオキシトシンとは、他人への安心感や信頼感、愛情を形成するのに重要な役割を果たしています。


オキシトシンの効果は母親と子供だけではなく、夫婦間や恋人、親友同士の結びつきにも関係しているとされています。


人が他人を信用したり愛したりする時には、脳内でオキシトシンが分泌されていると言われています。


オキシトシンを分泌することで人間関係を円滑にし、ストレスを軽減させる働きがあります。


オキシトシンは人以外の犬や猿、ネズミなどの脳内でも分泌されています。

[スポンサードリンク]