スムーズな生活を

|愛犬と触れ合うことで、犬と人双方にオキシトシンは分泌されます

☆幸せホルモン☆

オキシトシンと犬


sponsored link

愛犬と見つめ合うと、オキシトシンが分泌されるは知っていますか?

< br />

オキシトシンは愛情ホルモンと言われ、哺乳類の母子関係や夫婦関係などの絆形成に大きく関わっています。


ヒト同士やマウス同士など、同じ種では触れ合ったりするとオキシトシンが増加することは分かっていました。


麻布大と自治医大の研究グループによって、ヒトとなどの異種間でもオキシトシンは増加することが確認されました。


ただと飼い主の関係が”良好”と判断されたグループのみでオキシトシンの増加が見られ、関係が”普通”と判断されたグループではオキシトシンの濃度に変化は見られませんでした。


要は愛犬をいとおしく思っているかがオキシトシンの分泌に大きく関わっているようです。


オキシトシンは警戒心を解き、相手への信頼感やきずなを高め、社会性を向上させる効果があります。


いとおしい愛犬と見詰め合ったり、撫でたりすることでオキシトシンが分泌され、やさしい気持ちになり社会性が増すと言われています。


ドッグセラピーは不安解消や気力を充実させる効果があります。


を可愛く思い、優しい気持ちで接することでヒトは幸せホルモンのオキシトシンを分泌させ、これが不安解消や気力向上に繋がります。


落ち込んでいたり、心が荒れているときに愛犬と見詰め合ったり触れ合うことで、オキシトシンが分泌されヒトは癒されます。


と良好な関係を築き、接することで互いに幸せになれるでしょう。

[スポンサードリンク]