スムーズな生活を

|陣痛促進剤としてオキシトシン製剤について

☆幸せホルモン☆

オキシトシン製剤


sponsored link

オキシトシンは出産の経過を促進させる物質であり、陣痛促進剤としてオキシトシン製剤は使用されています。


陣痛促進剤は微弱陣痛による難産を回避することも可能となり、必要な量を正しく投与すれば、母体と胎児の安全から非常に優れた薬になります。


オキシトシン製剤は「シントシノン注射液(サンド薬品)」「アトニンーO(帝国臓器製薬)」や「オキシトシン注射液(富士製薬)」などがあり、全て注射剤で点滴静脈注射で使用します。


オキシトシンとは”速い”と”陣痛”という意味のギリシャ語にちなんで名づけられています。


陣痛促進や陣痛誘発に用いられる陣痛促進剤は、オキシトシン製剤のほかにプロスタグランディン製剤があります。


プロスタグランディン製剤は、オキシトシン製剤と同じ点滴静脈注射で用いられるジノプロスト(プロスタグランディンF2α製剤)と、錠剤の経口投与で用いられるジノプロストン(プロスタグランディンE2製剤)に分かれます。


オキシトシン製剤などの陣痛促進剤は、投与速度を適切に管理しないと母体と胎児とも過度の子宮収縮などで傷つく恐れがあります。


陣痛促進剤による副作用として過強陣痛による子宮破裂や胎児ジストレス(胎児仮死)が起こる可能性があります。


そのため母体と胎児の状態をよく観察し、胎児切迫仮死を使用しなければなりません。


また2種以上の陣痛促進剤を同時に併用することは、副作用の可能性を高めるので避けるべきです。

ここに表を入れる

[スポンサードリンク]